スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS4でbluetoothイヤホンを使う方法【Creative BT-W2】【TSdrena HEM-BTRATX】レビュー

taitle1

最近Amazonプライム会員になった自分はPS4でプライムビデオを見る機会が増え一つ気になることが

それはPS4の音源をワイヤレスで聞くことはできないのかという疑問

それができれば夜間でも家族や近所迷惑を気にすることなく好き放題に見れるし遊べるのでは

単にヘッドホンを長いケーブルで繋げればいいだけの話だけどそれだとケーブルが邪魔だしせっかくならワイヤレスにしたいと思いこちらを購入↓

w1

【Creative Bluetooth Audio bluetooth USB transceiver PS4 BT-W2】(以下W2

開封したところ画像に写っているのと説明書が数枚入っているだけ

これで約4000円するんだから事情を知らない人は驚きを隠せないでしょう

「そもそもPS4はbluetooth対応してんだからbluetoothイヤホンとでもペアリングしろよ。」と思う人もいるかもしれません

当初自分もそれで自前のbluetoothイヤホンとペアリングしたところ『PS4が対応しているプロファイルが見つかりませんでした。』という謎の呪文が

調べるとどうやらPS4に対応してるbluetooth機器はSONYがだしているごく一部の機器だけの模様

ソニーらしいといえばソニーらしい…


それで、簡単に説明するとこの機器(W2)にはbluetoothが埋め込まれていてUSBで接続した機器の音をbluetooth経由で飛ばしくれる優れもの

言わばusbで接続できるbluetoothトランシーバーと言ったところ

少し値を張るのは高音質で低遅延を可能にしたapt-X Low Latency(以下apt-X)という最新技術を搭載してるため


あとはこのW2と自分のbluetoothイヤホン、ヘッドホンとペアリングするだけ…

なんだけど、自分はこのためにもう一品購入↓
h1


【TSdrena Bluetooth 送受信機 apt-X Low Latency 対応 HEM-BTRATX】(以下HEM-BTRATX

同梱物はこれとMicroUSB、オーディオケーブル、アタッチメントパッドなど今回は本体しか使わないので多少割愛

そして値段約5000円というこれまた少々値が張る商品

これは何かというとW2のbluetoothで飛ばした音源を受け止めるbluetoothレシーバーの役割をします

なのでbluetoothイヤホン、ヘッドホンをお持ちの方は必要ないのでご安心を

ただ、なぜ自分がこれを買ったのかというと自分の持っているbluetoothイヤホンは安物で雑音と遅延が酷い上に

先ほど話したapt-Xという技術は音源を飛ばす側(W2)と受ける側にも搭載していないと効果がありません

この機器はもちろんapt-X搭載で非bluetoothのイヤホンでもイヤホンプラグに差し込めばbluetooth対応イヤホンと同じ働きをしてくれます

これなら5000円という価格にも納得

おまけにHEM-BTRATXはbluetoothトランシーバーともしても使えますが今回はレシーバーとして使うのでこれまた割愛



【設定】
設定はいたって簡単、まずはPCにW2を差し込んでW2とHEM-BTRATX(又はbluetoothイヤホン、ヘッドホン)のペアリングボタンを同時に長押しすればいいだけ

ただ、windowsならそのまま音源はヘッドホンに切り替わりますがmacの場合はシステム環境設定→サウンド→出力→Creative Bluetooth Audio W2を選択しないと切り替わらないのでご注意を

一度ペアリングすれば記憶してくれるので後はそのままPS4に差し替えればいいだけ

最後にPS4で設定→周辺機器→オーディオ機器→ヘッドホンへの出力→すべての音声にすれば完了


【感想】
音質は以前使っていたbluetoothイヤホンとは比べ物にならないくらい良くなり、遅延に関しては体感ではわからないレベル

ただ、ノイズや雑音がゼロというわけではなく無音状態の時に微かな音だがスーッと聞こえる

やはりapt-Xと言っても無線なので完全に雑音は取り払えないみたい

それでもかなりの高音質遅延ゼロ(体感)になったことで大満足

また、bluetooth非対応のイヤホン、ヘッドホンをbluetooth対応のように使えるのはかなり嬉しい

結果、一万円近い出費だったけどそれだけの価値は十分にあったんじゃないかな



Creative BT-W2 [HP-BTW2]

Creative BT-W2 [HP-BTW2]
価格:4,298円(税込、送料別)


Bluetooth 送受信機 aptX Low Latency 対応

Bluetooth 送受信機 aptX Low Latency 対応
価格:4,980円(税込、送料別)



追記
【後に分かったデメリット】

しばらく使ってみて想像以上に良かったのでW2をもう1台購入

けど、これははっきり言って失敗でした

そもそも、2台目を買った理由はパソコンとPS4間でわざわざW2を差し替えるのが面倒くさかったから

新しく買ったW2をPCに差し込みHEM-BTRATXと新しくペアリングし普通に使用

その後パソコンの電源を切りPS4の電源を付け前に買ったW2とのペアリングを待っていると

あれ?いつまでたってもペアリングしない…

どうやらHEM-BTRATXは1台しかペアリングを記憶できないみたい

なのでW2を2台買ったところで毎回ペアリングボタンを押してペアリングし直さなけれならない

これだったペアリングを記憶した1個のW2を差し替えて使う方が楽ですね

私のように2台目のW2を買おうとしている方がいたらくれぐれもご注意を
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: Bluetooth

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/06/02 (Fri) 14:53 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。